• 在宅医療

  • 在宅で療養されている方を支援

  • 在宅療養中の患者さまや、施設で介護にあたる方のニーズに応え、
    お薬をお届けに伺います。また、処方せん・お薬のご相談も受け付けております。

  • シャンティメディカル・在宅医療
  • 管理指導のスタート
  • 医師が薬剤師による管理指導(在宅訪問による処方等)を必要と判断した場合、担当医師から当グループに依頼があります。また、患者さまご本人・ご家族から依頼がある場合や、薬剤師や看護師が必要であると判断した場合に、主治医と相談の上、ご自宅へ訪問することもあります。シャンティメディカル・在宅医療
    シャンティメディカル・在宅医療
  • お届け・服薬指導
  • 薬剤師による調剤後、ご自宅(または施設)にお薬をお届けに伺います。お薬の飲み方や使い方、服薬に関する説明など、患者さま一人ひとり、介護にあたる方に指導いたします。また、

    アドヒアランス(=患者さまと考える診療方針)

    に基づき、服薬による副作用など、さまざまな観点からの指導もいたします。こうした<訪問薬剤管理指導>や<居宅療養管理指導>によって、お薬に関する疑問や不安を一緒に解消いたします。

    ●残薬状況・保管状況・併用薬の確認 ●調剤方法の確定 ●薬効・副作用のチェック
    ●患者さまの体調を把握し、薬の効果や影響をアセスメント(=評価と分析)

    シャンティメディカル・在宅医療
    シャンティメディカル・在宅医療
  • 医師への報告・経過観察
  • お薬の服薬状況や患者さまの様子を、医師や関連職種の方々に報告いたします。些細なことでも気がかりなことがあった際には、医師や看護師・ケアマネージャー・その他医療スタッフや介護スタッフと相談し、その後の診療・服薬に役立てていきます。
  • 医療機関や介護事業者との連携

  • 患者さまやその家族とはもちろんのこと、処方元医療機関や各居住系施設、訪問介護ステーション、地域包括支援センター、介護事業所等と連携しながら、密に情報を共有し、薬学的見地から様々なアドバイスをしています。また、看護師や介護スタッフの方々がお薬のセット等で費やしている時間をなるべく少なくし、本来の業務に集中できることを、私たち薬剤師は医療チームの一員として切に願い、それが患者さまにとって大事なことだと考えています。そのため、調剤や配薬の工夫を怠りません。また、居住系施設等で、ご入居者さまやスタッフの方々を対象にしたお薬の勉強会等も開催します。
  • 終末期医療(緩和ケア)

  • 患者さまやその家族のストレスや苦痛を和らげ、住み慣れたご自宅で少しでも穏やかな日々を送れるよう、医師や看護師・ケアマネージャー等と連携しながら、お薬についてのお手伝いをさせていただいております。
札幌・函館・シャンティメディカル・トップ